発行:Funahasi.Com & 北海道経済産業新聞運営委員会
Last UP Date:2014-06-29
岩教大ビブリオバトル開催/2012-01-27
 北海道教育大学岩見沢校(学長:本間謙二)では、知的書評合戦「ビブリオバトル」の岩見沢版として、「岩教大ビブリオバトル」を1月30日(月)、および2月6日(月)、7日(火)の3日間開催する。
 ビブリオバトルとは、自分たちが紹介したい本を持ち寄り、レジュメやパワーポイントなどの説明資料を一切使わずに、5分間のアドリブによるプレゼンを戦わせ、最後に最も読みたいと思わせた本に投票して「チャンプ本」を決めるという“書評合戦”であり、大学等で盛んに行われている輪読会の発展形ともいえるものである。2007年に京都大学情報学研究科共生システム論研究室で創発され、その後もyou tubeに実況映像を蓄積しながら続けられてきた。
 主宰は、同校デザイン科美術コースの准教授を務める小北麻記子氏の研究室に所属する学生ら。同研究室は、2011年10月に東京都で開催されたビブリオバトルの全国大会といえる「2011年ビブリオバトル首都決戦」で、チャンプ本を獲得した杉目美奈子氏も所属している。
 当日は、バトラーとしてデザイン研究室の学生4名が書評を行い、それを聞いた聴衆が投票する形式でバトルが展開する。
「もともと“ビブリオバトル”の創始者である京都大学の(現・立命館大学准教授)谷口忠大先生とは面識があり、北海道でのビブリオバトル普及活動をやっていたんです。重々しくせず、少し大雑把でもいいから何回もトライする方が、コミニュケーションの場として機能するはずだと考えています。読書をゲームとして楽しめる知的作業、エンターテインメントとして捉えなおす良い契機になればうれしいですね」(小北氏)
 本は一人で読むものではない。人と人とを共通の言葉でつないでくれるものである―とは、ビブリオバトル普及委員会が記した紹介文である。本道はもとより全国各地で今、まさに勃興しているムーブメントである。
●岩教大ビブリオバトル
2012年1月30日(月)、2月6日(月)、7日(火)
12:15~12:45(昼休み時間中の開催)
北海道教育大学図書館岩見沢館前(学生ロビー)
〒068-8642 岩見沢市緑が丘2-34

写真:
拝 映輔
ニュース一覧
インタビュー一覧
コラム一覧
連載小説一覧
TOPに戻る

Copyright© 2004-2017 Funahasi.Com & 北海道経済産業新聞運営委員会